アニポ

今日の2chネタ


月がきれい みんなの評価レビュー

評価平均 3.99 点 : 評価数 40
評価レビューを見る
2017年春アニメ - 未放送


雨テラスさんのレビュー
なんかほんわかしていい!
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
俺結構こうゆうの好きですね。
なんかえのタッチがすごく優しい。
全体的に白い境界線が独特。
絵の塗もキッチリ、カッチリってわけでもとがってるわけでもなく。
なんか筆のような丸みがあって、全体的な雰囲気もとっても優しい。

これからのほんわかなストーリーが気になる。

追記
まさかの展開www
素敵でした。むしろ高校のあとの作品も手がけて欲しかったですね。
でもホッコリしました。

あと歌、カバー曲にも聞き惚れて結構満足なアニメでした。
レビューが参考になったと思ったら押してあげてね
2017年09月26日 02:38
うさぎストーカーさんのレビュー
中学生というとても残酷な世界。
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
普通の中学生の、普通の恋愛の物語。

全話視聴し、胸に来るものがありました。
それは、自分の青春時代の郷愁の思いではなく、中学生(子供)の世界というのが、
ある意味ではとても残酷な世界だと感じたからです。


中学生という世界は、どんなに好きあっていても、受験、親の都合(親に依存しなければ生きていけない環境)によっては簡単に壊れてしまう。

ただ、好きな人と一緒にいるというあたり前のことさえ叶わない。

その世界の中で、ずっと二人思い続けるとか、また再会するというのは、
これはファンタジーにも近い奇跡なんだと思いました。

この作品は、簡単に壊れてしまう、ガラスのような繊細な二人の関係が、
細かく描かれており、そこに注目しながら視聴すると楽しめると思います。

とてもおすすめの作品です。

レビューが参考になったと思ったら押してあげてね
2017年09月17日 00:16
takatoさんのレビュー
恋愛物の肝抜き
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
 「君の名は」でも言えることだが、特に恋愛物(他の作品でもだけど)で重要なポイントをわかってない。即ち、こいつらのことどうでもいい、と思ってしまうことである。こいつらのことよく知らないし、魅力的な人たちに全然見えてこないし、なんで恋に落ちたのか曖昧だし、彼らの内面に自己を没入できないから、ふ~んってだけで終わってしまう。つまり人間が描けてない!とは正にこのことである。

 青春の恋物語とかかなり大好物であり、上手にやってくれるならそのいじらしさに、愛らしさにいい歳こいてキュンキュンする自分であるが、本作では一回も心が高まらなかった。いかにキャラをちゃんと描けてないかは、友達連中を見ればわかる。良い作品では、脇の人物たちも主役級に、あるいは主役以上くらい魅力的だったりする。しかし、駄目な作品では単に友達A、Bといった看板を掲げてるだけのようなぞんざいさで扱われる。全然面白くも深みもない薄っぺらさで、人間ですらない記号が動いてるようにしか見えない。こうなると、もう作品に興味を持てなくなってくる。

 主人公とヒロインの恋にしても、そりゃあ恋に落ちちゃうよね~という素敵イベントや、感情が強烈に揺れ動かすシーンを用意して頂かないと駄目。さらに恋愛作品は、彼らに自分を投影することで疑似恋愛を体験するのがポイントなんだから、彼らを血肉のあるキャラクターとして成立させて頂きたい。その際に重要なのは、リアルかどうかではない。突飛な設定やキャラでも問題ない。問題は、作中内で生きた人間として真実味を持っているかどうかである。アニメの目的はリアルにすることじゃなくて、生き生きされることなんだから。本作ではなんで主人公が小説を書いてるのか、どんな内容なのか、という彼のキャラをよく出せる部分を曖昧にしちゃってる。せっかくお囃子に参加してるという特殊なシチュエーションなのに、それを物語と上手に呼応させるといった工夫も見られない。

 ビジュアルも全般的に弱い。「放浪息子」っぽい感じでいくのかなぁ~と思って見始めたが、全然足元にも及ばない。淡い色彩の中にもくっきりとした絵の美しさがあった「放浪息子」に比べると凡庸の一言。背景も同じ。

 懐メロのカバーを挿入歌でいれたりするのも良いんだけど、選曲がベタというか、カバー自体にそこまで力がない。それらの場面で何倍も燃えるものにしてくれたり、異化効果を発揮したりしてない。往年の曲を作中アイドルに見事なカバーで歌わせた「ピングドラム」や、スピッツやスガシカオさんの素晴らしい曲を多数駆使した「ハチクロ」の上手さと見事さに比べちゃうとねぇ。

 そして一番気になったのがモブ!。モブなのに気になって仕方がない。CGモデルのモブなんて多用するもんじゃないのに目につくようなカットを切り過ぎ。使うなら最小限、目立たないように使うのが当然。別にモブなんてそんなにいなくても不自然じゃないし、別に映ってなくても不自然にならないようにカットをきればいい。最小限入れるにしても近くにいるならちゃんと手描きでやろうよ。点景としての、よく見えないくらいの感じならCGでも全然問題ない。

 
4 人が参考になったと言っています。
2017年09月03日 00:27
Buroさんのレビュー
現実味がすべてを占めるストーリー。それがいい。
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
舞台は埼玉県の...まあ、田舎ですね。
主人公は文学少年で、仲のいい友達は二人ほどいるといった具合です。
ヒロインは陸上部に所属していて、スプリンターとして活躍する女の子なのですが、
自分はこのふわふわした感じと足がめちゃ速いギャップが好きです。

星5評価の理由は、ファミレスと修学旅行(京都)の情景が自分の記憶とベストマッチしていたからです。いい青春時代(といっても数年前)にフラッシュバックしたようで
ついつい目頭が熱くなってしまいました。

出来れば中学生のうちに見ておきたいアニメですね。まさに王道ともいえる青春です。

アニメの終わりの脇役の恋愛事情みたいなのがなかったら星4.5でした。これ見ないと損ですよ!!
1 人が参考になったと言っています。
2017年09月02日 20:55
ミライさんのレビュー
中学生の頃の恋愛
評価
視聴した範囲:12話 違反報告
月がきれいを見ていて自分に重ねる事があり見ていて懐かしさを感じました
付き合ったが周りにいってなくて合う場所がないなどまさに自分が悩んでいた事です
他にも遠距離恋愛もしたのでそこでも重なるかと思いました
あの頃の純粋に恋愛した時に戻りたいと思いました
中学の時に恋愛をしていた方にはオススメです
片思い 両思い関係なしに共感できるところがあると思います
2 人が参考になったと言っています。
2017年07月25日 13:38
こじろーさんのレビュー
アニメだから感じる良さがあった
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
絵柄を見た時から特別に熱が入る女性キャラクターもいない。
入れ替わったりもしないし、時空を超えたりもしない。

どこにでもいそうな中学生男女の話。
ドラマでなくアニメで何故つくったのかなと思いつつ見始めたのですが、
この作品はアニメだからこそこれほど心を揺さぶるのだなと感じました。

上手く言うことはできないのですが、何もかもが程よくリアルに身近で
至って平凡な話に綺麗な絵で描かれるアニメーション。
なにもかもがいい感じに配置されているストーリーであり、程よくリアル
だけど決してリアルすぎる訳じゃないといのでどんな人でも
何かしらの自分をそこへ投影してしまうのではないでしょうか?

ただの恋愛物語、そんな一言では言い切れない魅力を感じます。
そして、最後まで見て。私はとてもいい気分になりました。
4 人が参考になったと言っています。
2017年07月24日 01:00
横しょうさんのレビュー
なんだか良い作品
評価
視聴した範囲:1話 違反報告
面白かったです。自分と同世代の人達が出てきたのでかなりの親近感がわきました。
僕もいつかしてみたいなあ~と思う恋をそのまま再現してくれた作品でした。まず見ようと思ったきっかですが、授業で月のことについて調べている時に偶然出てきた事がきっかけでした。それで調べてみたら、多く方が高評価していたので「まず1話見てみよう」と思い、先ほど見ましたが、もう素晴らしいですね。見ているとキュンキュンしてきますね。特に僕は恋愛アニメが大好きなので最高でした!
恋愛アニメが好きな人は必ず見てください、いい作品です。
2 人が参考になったと言っています。
2017年07月21日 23:43
MarkZさんのレビュー
リアルと面白さは別
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
まず、なんだか起伏の少ないストーリーで物足りんなと感じた
ありがちな話と言われればそうなのかもしれんけど
普通にありがちな話をそのまま垂れ流しても退屈なだけじゃねと思うのだが・・・
まあ実際退屈だったし
そもそも主人公とヒロインがお互いなんで好きになったのかという理由や動機付けが
ほとんど何もないっての恋愛物としてどうよと思った

キャラは地味、主人公とヒロイン自体地味だし他のキャラなんかほとんどモブレベル
まあ地味なのが悪いとは言わんが
最低限ストーリーを転がせるようなキャラいないとまずいんじゃねと思った
そのしわ寄せがあんまり本筋に関係ないようなどうでもいいようなシーンが多くなった気がする
(関係ないCパートもやけに長かったし)
あと太宰とか祭の練習とか小説がどうとか色々でてきたけどあんまストーリーで
生かされてるとは思えんかった(全くとは言わんけど)

演出はかなり微妙というか草生えたw
てか東山奈央なんで作中ででかい声でカラオケしとんねんw
選曲もベタベタで逆にしらけたというかお前のカラオケで感動とかしないからw
そんなんやるぐらいなら本家連れて来いと

このアニメがリアルで面白いとか言ってる人多いけど
リアルというか単にあるある話を詰め込んだだけじゃね?と感じたわ
それをリアルと呼ぶのかは疑問やけどね
まあでもリアルな事と面白い事は全く関係ないと思う

あと何かトンチンカンな事書いてる人いますが
「自己投影できて良かったです」みたいな個人の感想より
可能な限り論理的に書かれているレビューのほうが普通に信頼できると思いますけどw
100%主観で非論理的なモノはレビューというよりポエムに近いんじゃないですかね
上手いポエムならともかく下手くそなポエムほど見ていて「きしょい」ものはないですしおすし
あとなんで「月がきれい」を論理的に評価するのがダメなの?意味分からない
そんな事言ってること自体が自分の価値観をゴリ押してるってことに気がついたほうがいいと思うわ
あんたこそもう少し想像力を働かせたほうがいいんじゃね?
(自分のレビューが論理的であるとは一言も言ってないw)
レビューが参考になったと思ったら押してあげてね
2017年07月11日 01:40
wanruさんのレビュー
良かったです
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
ひとつひとつの物語には
それぞれ描かれているものへの想像力が必要だと思っています
本作からアニメを見る人がいたり
またその逆もありでその感じ方も評価も
影響を受けた方に偏りがちだと思っています
「月がきれい」のように現実でもおこりうるアニメになると
つい自分の得た知識と経験をそこに投影してしまいがちになり
自分の価値観をゴリ押すような評価が書かれたりするのをよく見かけます
逆に共感をして感動したり次作に期待したりとする人もいると思うわけです

「月がきれい」は絵がとても綺麗ですが 内容はどこにでもある話し
内容の描き方では読み手側は様々な想像力をもって期待をしたり残念がったり笑ったり悲しかったりとするものですから この「月がきれい」のアニメは評価がかなりわかれるだろうと思っていました

中には自分の知識をひけらかしたり論理的に考えてみたり
いかにも評論家のような書き方をしてみたりの人もいるようですが
この「月がきれい」に限ってはあてにならない様な気がします

「月がきれい」は
自分の子供頃を思い出したり 今の自分の恋愛を考えたり
そしてそれぞれの経験を思い起こしながら観ると
また別な角度から感じれるアニメなのかもしれませんね

僕はとても好きになれたアニメです

そのまんまを素直に受け入れて
自分の想像力をかけあわせ受け入れて観てみると
この作品から何かしらの感じるものはあるだろうと
そう思いました
4 人が参考になったと言っています。
2017年07月10日 06:01
eonmos999さんのレビュー
陰キャの妄想アニメ
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
アニメであるあるの「なんでこんな主人公がモテるの?」という疑問を持ってしまう典型的なアニメだと思った。
とにかく主人公の小太郎に魅力がないですね。
あんなコミュ障&陰キャの主人公を友人同士が取り合うとかありえんと思ったわw
普通に陸上部の比良君のほうがモテるだろ、性格も良いし。
その辺りの説得力やキャラ付けが皆無なのでなんか全部が陰キャの妄想話としか思えませんでした。
こんなに評価が高いのは、陰キャにウケてるんだろうと予想。
1 人が参考になったと言っています。
2017年07月09日 00:45
りょうちんさんのレビュー
自分の恋愛事情と似てますねw
評価
視聴した範囲:12話 違反報告
全話とうして、あ~わかる~ってとこや、親ってこんな対応だな。

とか、単調ですけど、心情とか言葉で表せないとことか、身につまされる感じ。

大好きな人とすれ違う感じ、こうなりたくないのになってるよねってw

いい作品ですね。
2 人が参考になったと言っています。
2017年07月08日 19:06
黒豹さんのレビュー
純文学と対比させた「普通」の恋愛のすばらしさを感じさせる作品
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
他の方の評価が高いので、気になって全話視聴しました。
テレビ放送時、1話目だけ見たのですが、途中で眠くなりました。そのくらい盛り上がりに欠ける作品という印象でした。

作画の雰囲気は、「君の名は」「秒速5cm」などを連想させるキレイなものです。
ただ、1話を見た段階で、なぜかそれらの作品に比べると、青春の切なさ・きらめきのような要素があまり感じられず、引き付けられませんでした。

各話の感想は後述するとして、全話見た感想としては、一応12話目でそれなりの盛り上がりがあり、見終わってがっかりすることはないと思います。ただ、演出の問題なのか、脚本の問題なのか、次話も見たくなるという要素がなく、やる気がないと全話見る気になれません。これなら別にアニメにする必要はなく小説でいいんじゃないかと感じるほど演出が弱いのと、脚本が単調すぎるせいかもしれません。

途中、6.5話で総集編が入りましたが、制作スケジュールが厳しかったのか?など余計な心配をしたり。その後、8話の作画は、色塗り忘れた?という感じがしたり・・動きが素人のGIFっぽくなってたり。あと、全話通して、歩行する人の動きがおかしく、ゾンビのような動きをします。特に校門前の複数の生徒が登校するシーン、一度ゾンビに見えてしまうと、もう毎回違和感を感じてしまいます。まあそれが作品の質を落とすわけではなく、全然許容範囲ですが。

各話、最後に小話が入るのですが、これが毎回逸品でした。本編よりこちらの方が面白いかも。

以下、ネタバレも含む感想です。

一応、作品のコンセプトを私なりに考察してみました。
主人公の安曇は純文学で小説家を目指しますが、編集者からは「まったく才能がない。ラノベ向きだ」と評価されます。これがこの作品の最大のメッセージではないかと思います。
安曇は太宰に心酔していて、度々、太宰の言葉を引用します。しかし、悪くいうと理解が浅い。つまり、主人公の少年は、とても普通の、健全な精神を持った人物であり、太宰や純文学を理解するには感性がまともすぎるということです。例えば、1話目のファミレスのシーン。太宰が表現しようとした対人緊張や羞恥心は、もっと病的で深い苦悩に満ちたものです。精神医学の発達した現代の用語を使えば、対人恐怖症、社交不安障害。さらにそこから副次的に起こるうつ。その根底にある自閉症スペクトラム障害や人格障害(境界性や自己愛性)によって引き起こされる情操と思われます。だから、健全な少年には理解の及ばない感情であり、字面だけで共感し、この場面で引用するのは圧倒的に浅いと思ってしまう。
安曇の精神の健全性は他の回でも確認できます。例えば、12話。茜の女友達に告白されます。純文学的にするならば、この後の展開として、本当に愛しているのは茜だが、情欲に負けて茜の女友達とも交際してしまうと展開です。そのうち女友達の方が妊娠して、茜と別れて結婚するが、結婚後も茜を愛している。そして、欲望に負けてしまった自分の弱さや茜を傷付けたことへの罪悪感、結婚相手への責任、しかし、理性ではわかっていてもどうにもならない心の弱さから現実から逃げるようにアルコールや行きずりの情事に逃げて破滅していく。何より辛いのは、気付かぬふりをして幸せを装い続ける妻の悲しい笑顔、しかしそれに応えられず捨てきれない茜への想い、そして真実の愛とは何かに苦悩してうじうじ悩む。こういう性格でないとなかなか純文学は難しいのではないかと思います。
しかし、多くの人はこんなドロドロした話を読みたくない。本作のラストはとても普通過ぎます。しかし、だからこそ感情的にずっと受け入れやすい、憧れる恋愛の形になるのだと思います。

ちなみに、本作の主人公たちは中3です。男女の三角関係ということで、「俺ガイル」の三人もこのアニメを見るべきでしょう。彼らは高2ですが、なぜかとんでもないことになっています。この違いは何なのか。どちらが現実的なのか、私にはわかりませんが。

意外な点として、安曇は奥手な男子という印象でしたが、やる時はやるというカッコよさがあります。1話「アイドル雑誌をものすごい爽やかな顔で買う」(普通、もっと羞恥するのではないだろうか)7話「堂々と付き合ってる宣言をする」(「俺物語」の剛男君的な悩みはないんだなあ)12話「不合格だったことをきちんと彼女にいう」(ダメだと分かっていても挑戦して、きちんと結果を受け止める。落ち込んだリ、悩んだリしない姿はカッコいいと思う)

まとめとして、「普通」であること、道徳的に正しいことを躊躇なく実行できること、純文学的でなく大衆文学的であっても、それも素晴らしいことである、というメッセージを感じました。
1 人が参考になったと言っています。
2017年07月06日 18:41
SHOGOさんのレビュー
大好きだーーーーーーーーーーー!!!!!!!
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
率直に、最高でした。

私は、過去の自分と照らし合わせながら見ていたのでなんだか懐かしい気持ちになりました。

挿入歌、演出、展開等々あざといとの意見もありますが、むしろ私はそのあざとさが心地いいといいますか、この作品にはマッチしているかなって思ってます。

うん、なんていうか、面白くなくていいから続編が見たい。
4 人が参考になったと言っています。
2017年07月05日 01:37
オススメだけ紹介さんのレビュー
実写化だけはされませんように・・・
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
★5の時だけレビュー。
中学生の恋愛を描いた作品。中学生ならではの恋愛のしかた、障害などがあったりと良く表現されている。またフルCG作品で映像はとても美しい。
ネタバレはできませんが、とあるシーンでは、主人公の性格と この作品のタイトルの意味がわかっていれば、泣いちゃうシーンがあるかもしれませんね^^;。※この作品の最も重要なシーンです。
最終回はエンドロールまでちゃんと観ないとダメです。何故かと言えば、それは監督が『岸 誠二』だから。としかここでは言えない。
3 人が参考になったと言っています。
2017年07月03日 23:34
ぜっとんさんのレビュー
i LOVE YOU
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
もし自分の中学時代にスマホがあったら
ラインが普及していたら

こんな甘酸っぱい青春が送れたんだろうか。
担任が東山奈央になっていたんだろうか。

時代が流れようとも
使用ツールが違えども
変わらないのが恋であり、
男と女であり、
陸上ユニフォームのエロさである。

押せない送信ボタン。
言えない言葉。
友情と恋愛。
脇と太股。

絶妙な言葉と言葉の間。
絶妙に考え出された布と肌の境界。
隠し事。嫉妬。生足。勇気。

時代にはその時代の良さがあったけども
こんな学生生活も送ってみたかった。
7 人が参考になったと言っています。
2017年07月03日 23:33
いなりさんのレビュー
変な臭いがする作品
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
お話の内容を一言で言えば、
昭和の中学生みたいなノリのキャラ達が繰り広げる恋愛モノってところ。
そして、本作がターゲットにしてるのは、
「耳をすませば」や「君の名は」とかに共感してしまう人々かなと。
演出面でも新海誠のパクリとまでは言わないが、彷彿させるものはある。
まあ作品の雰囲気はこんな感じ。

それより気になったのは、
作品の内容うんぬん以外になんか政治臭?みたいなのを感じてイマイチ乗れないところ。
・0P、ED、挿入歌まで東山奈央尽くし → 東山奈央のゴリ押しキャンペーン中?
・LINEを使った描写がやたら出てくる → LINEの広告アニメ?
                                など
過去のそういう変な臭いのする作品は失敗に終わってるケースが多いのであんまりこういうコトしない方が良いんじゃないかなと思う。
作品の存在自体が茶番に見えてくる。

「追記」
脚本が変な妄想を大分こじらせてるなと、リアル風を装ってるだけで全然リアルでもなんでもない所に痛々しさを感じる。
挿入歌で過去の名曲を東山奈央にカバーさせてるのだが非常にうるさいし長い。
こんなチープな演出で盛り上がるとでも思ってるのだろうか?、はっきり言ってウザい。
2 人が参考になったと言っています。
2017年07月03日 22:33
にこ@レムりんさんのレビュー
理想の現実ってお話かな?w
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
まーこれは好き嫌い分かれる作品だと思う。
個人的には好きw
まー少し現実に寄せてるところはあるんだろうけど、理想の恋だよねw
そんなうまくいかねーよって否定的に見る人には駄作だと思う。

でも、もう一度言いますが、個人的には好きw
2 人が参考になったと言っています。
2017年07月03日 21:43
泣き虫おっさんさんのレビュー
これ若い子にウケるのかな?
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
アニメ好きなおっさんから言わせてもらうと、ぴったしカンカンだった。
視聴中、比較というか過去作品で思い浮かんできたのが「秒速5cm」と「涼風」。
秒速はラスト浮かばれないし、涼風は終始主人公の男にイライラするしでもう見たくない。
これはその点ややこしくなくキレイにまとまってモヤモヤ感が残らないのが個人的に良かった。
意地の悪い同級生、姑息な恋敵が登場しないし、恨みに妬みに嫉みが空気、いわば非リアリティ。
もうねWHITE ALBUMとか君のいる町とか見てて辛くなっちゃうのよおっさんは。
なので単純ドストレートな純愛アニメって今どきの若者からしたらレトロでウケないんじゃと思いました。

個人的には絶大なる評価のあれとかあれとかまったくハマらなかったけど別に批判もしない。
育ってきた年代も環境も違うんだから老若男女すべてにハマる作品なんかないよね~〆

追記:おねえちゃんの服の色変わるの、あんな大ききなミス今どきあるんだなって思った…
2 人が参考になったと言っています。
2017年07月03日 09:13
あらいさんのレビュー
気持ちが悪い作品
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
恋愛の上澄みだけを掬い取っただけのような非常に薄っぺらい作品だと思います。

あざとい演出や妄想全開なお花畑脚本などで構築された「綺麗な世界」、

少し距離をおいて冷静に見るといかに不自然でご都合主義に満ち溢れた妄想世界かということが分かります。

はっきりって気持ちが悪いとしか感じませんでした。

こんな作品を見るぐらいならエンタメに徹したラノベ恋愛物(とらドラなど)を見たほうが100倍楽しめると思います。
レビューが参考になったと思ったら押してあげてね
2017年07月01日 21:25
とらこさんのレビュー
全話視聴後におもうこと
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
使い古されたテーマ、脚本、あざといといわれても仕方がない挿入歌の選曲。
制作サイドにやられた感満載ですが、ありかなと思える仕上がりでした。
他の方はわかりませんが、私の場合は過去の自分を投影し比較しながら見ていたような気がします。
ですので主人公達は羨ましくもありましたが素直に応援できました。
この作品の現実が今の主人公達世代のリアルの恋愛事情なのか、できれば主人公達と同世代の方たちの感想をぜひ聞いてみたいです。
年を重ねてノスタルジーな気分で見ている者と違う感想があるのではないかとおもいます。
2 人が参考になったと言っています。
2017年07月01日 16:18
しろくまさんのレビュー
「月が綺麗ですね」「死んでもいいわ」
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
今の中高生の初恋と交際の事情が詳細に伝わってきました
というか私のようなオッサンは、かつて自分が中高生の頃にした恋愛を思い出したり比較したりしてなんとも言えない気分になり、毎話ごとに胸がとても締め付けられる思いでキュンキュン・ハラハラドキドキ見守っていました
序盤は多少ナメていたのでそうでもなかったのですが、中盤からすっかりハマってしまいました
制作陣のネライは、実はかつてこのような経験をしたオッサン層なのでは?とも思いましたw
特に私などの中高生の時分にスマホなどありませんでしたので、最近の子はもスマホを活用しこうやって愛を育むのだなぁと最初は驚きつつも、上手に活用するものっだなぁと感心してしまったりもしていました
また自分はどうだったっけ?ってついつい記憶の片隅を探して比較してしまいますね


◆◆良かったところ◆◆

◆1.まずなんといっても背景・美術が美しい
川越祭りや京都のロケハンを入念に行ったり、作中の備品などの設定にもこだわりがみられる点が好感が持てます
川越祭りのシーンは素敵でした。山車の上で舞う小太郎は特に
和のテイストの背景美術の美しさと懐かしさは、過去の自分の中高生の時分の経験を呼び覚ますに一役買いました

◆2.おそらくあえてなのでしょうが、主役・ヒロインであろうともモブモブしいというか、ごく普通の中学生になるべく寄せてキャラデザされているのが好感がもてます。
どこにでもいる等身大の中学生にしたかったのではないかと推察しています
またキャラの線画もまた流麗でなにかノスタルジックなのが好感もてました
これらによりどこにでもいつの時代にでも誰にでも起こり得る初恋ストーリとすることで、見る人に親近感を与えたのではないかと思っています

◆小太郎と茜だけでなく、家族や兄弟、友人たちとのつながりもよく描けていました。かーちゃんのおにぎり・・・あれはグッときた
最近の中学生の会話ってあんな感じなんだろうなっていう部分もけっこうリアル

◆初恋ということで、付き合うということはどうしたらよいものがと手探りしていく描写が絶妙


終わってみると、本当に上手に「初めての恋愛」「始めてゆえのその苦悩」を切り取って1クールにまとめ上げたなぁと感心してしまいます
また誰にでもおススメできる良作ではないかと思います、ただ家族と一緒にみるのは少し照れますね


最後に
最終話のエンディングはもう最高でしたね
選択できる最良のルートで最高の結末を視聴者にわずか数枚のカットで提示してくれたと思います

ただリアルな話、大人になってしまった自分はそれがとても達成が難しいということを知ってしまっている・・という夢のないイチ視聴者の勝手な理由なのですが、やはり心にシコリが残ってしまったので少しだけ点数は割引にさせてもらいました
もしも最後のED中のカットがなく、未来の小太郎・茜の姿がなくても自分は納得できました

ところで「月がきれい」のタイトルはやっぱり、夏目漱石の「月がきれいですね」(I Love you)・二葉亭四迷「死んでもいいわ」(yours)
からきているんでしょうね



2017.7.1 加筆修正
4 人が参考になったと言っています。
2017年07月01日 13:28
南国さんのレビュー
大好きだーーーーーーー!!
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
ついに終わってしまった・・・
率直な感想は、とてもとても良かったです。恋愛ものでは堂々のNo.1になっちゃったくらい(笑)

この作品の良さは、書ききれないので絞るしかないけれど、
まずは何と言っても思春期特有の機微を捉えた内容、特に主題となっているメイン2人の純愛。
あまりにもピュアすぎて、最初は「あるある」「うんうん」などこか上から目線(笑)で視聴していた自分も、ラスト3話くらいは「俺こんな初恋知らないし経験してない・・・」と羨望と応援入り混じる心持ちで視聴してましたw
(実際この2人のような初恋を経験できた人は、かなり珍しい部類だと断言してやるw)

LINEという現代のツールを上手く取り入れつつも、文学的な主人公を筆頭に古風で落ち着いた印象を与える・またいざというときには(登場人物が)LINEに頼らずに相手と向き合う脚本にしてあるなどで、そういう世代でない人たち(我々)でも、初恋時分への郷愁を呼び起こされ共感できる作りになっていた、かなとw

脚本に関してもう少し言わせてもらえば、ほぼ毎回1話単位の中でもキッチリ山と谷が用意してあって、山の部分は東山奈央の挿入歌を始めとした演出で盛り上げ、また谷の部分も次週へと引きずらずその話数の中で一区切りつける作りになっています。
分かりやすい盛り上げ方の前者ももちろん良いけど、個人的には後者(谷の部分の扱い)が、実は素晴らしい(と思っている)。この作りのおかげでかなり心地良い視聴感が維持され、次へ次へという意欲が湧いてきたのだと思います。

他にも拘りの背景美術や、もどかしさを強調するメインキャストの演技とか褒めたいところは色々あるけど!

一番はやはりキャラクターの内面的な魅力(←これが個人的に一番大事w)

主人公は、羞恥心が先に立ちなかなか気持ちを表せない場面が多いけれど、毎回最後には観てるこちら側がアッと驚くような積極性を見せて、ちゃんとヒロインをリードしてくれる子でしたし、

ヒロインは、主人公の想いを受けて、同じく恥ずかしさでいっぱいになりながらも決してうやむやにはせず、自分の気持ちにも相手の気持ちにも向き合って、答えを出してくれる子でした。

大人になった今見てみるとやや行き過ぎと思える行動もあったけど、そういう青さも含めて魅力的だったし、何より14歳の自分へと目線を落として見てみると

「こうしたかったな」という行動を主人公がしてくれて・・・
「こうしてほしかったな」という行動でヒロインが応えてくれる・・・

まるで自分の思春期への後悔を埋めてくれるかのような、とても理想的な恋愛模様でした。いやホントにw

そんな主人公カップルを、あなたも好きになれれば、もう勝ちですw
その時は、「勝った!勝った!」と某戦国武将さんのごとく叫んでくださいw(川越だけに)

慎ましく不器用な2人を愛しく思えば思うほど、2人の間に流れる穏やかな時間がとても大切なものに感じられるし、
その一瞬一瞬に寄り添えば寄り添うほど、作品世界に深く没入できると思いますw

記憶が新しいせいか、あるいは予想が当たって思い入れも一入だからなのか、個人的に一番印象に残っているのは最終話のラスト。

日々を重ね想いを重ねていった2人の○○のシーン。

若干貧弱な体に鞭打ちながら追いかけて、ずっと言えてなかった大事な言葉を叫ぶ主人公がいて・・・
その言葉を別の形で受け取り、寂しさ嬉しさ照れ臭さ諸々が入り混じった感情に涙を浮かべ出発するヒロインがいて・・・

そこからラストまでは、1話から散りばめてきた仕込みの盛大な「種明かし(+α)」が映し出される。

アレで繋がるそれぞれのカップルさんたち。
追加の一コマ一コマにはそれぞれの風景があり・・・

最後に、ある写真が映し出されて・・・
積み重ねた想いの証を、結晶を、感じさせるラストカットで閉幕。。。

素晴らしい一作に出会えたことに感謝します。
6 人が参考になったと言っています。
2017年07月01日 08:01
思わず昔を思い出してしまう
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
心が動かされる。こんな作品がもっと増えればよいな('ω')
毎回見てて飽きないし、音楽も凝っている。このストーリの様な恋人同士が増えればいいな。思わず親心みたいな気持ちで見守ってしまう。見ないと損するかも(/・ω・)/ 
2 人が参考になったと言っています。
2017年07月01日 02:42
ほいほい♪さんのレビュー
キュンキュンラブストーリー
評価
視聴した範囲:4話 違反報告
2人の心理描写が丁寧に描かれていて、とても共感できるし、毎話キュンキュンさせてくれる。これほどまでにキュンキュンするアニメは見たことない。
特に4話はやばかった。知らず知らずな間によだれが垂れるほどでした。
3 人が参考になったと言っています。
2017年04月28日 06:07
  • 2017年09月23日 23:23
  • 2017年09月10日 21:49
  • 2017年09月09日 02:52
    視聴した範囲:全話
  • 2017年08月13日 13:07
    視聴した範囲:12話
  • 2017年08月11日 18:14
    視聴した範囲:全話
  • 2017年07月27日 16:07
    視聴した範囲:12話
  • 2017年07月03日 01:42
    視聴した範囲:全話
  • 2017年06月30日 16:36
    視聴した範囲:全話
  • 2017年06月30日 07:43
    視聴した範囲:全話
  • 2017年06月30日 01:45
    視聴した範囲:全話
  • 2017年06月05日 13:57
    視聴した範囲:5話
  • 2017年05月28日 21:45
  • 2017年05月06日 07:07
  • 2017年04月29日 08:49
    視聴した範囲:4話
  • 2017年04月11日 00:47
    視聴した範囲:1話

運営していくにあたって

アニメ動画 検索

アニメ動画ランキング

リンク集

逆アクセスランキング

無料 アニメ動画 速報 高画質 HD MAD OP ED オープニング エンディング あにぽ おすすめ まとめ オタク おたく ヲタク SNS 映画 Youtube ニコニコ動画 おすすめ 新番組 amazon 楽天 グッズ wiki 保存 評価 レビュー 感想 視聴率 新作 人気 理由 anime game manga Vreel Daum Veoh MEGAVIDEO Youku Pandora Dailymotion acfun 56.com Tudou 新浪 Ku6 B9