アニポ

今日の2chネタ


少女革命ウテナ みんなの評価レビュー

評価平均 3.92 点 : 評価数 11
評価レビューを見る
1997年春アニメ - 未放送


takatoさんのレビュー
99点、世界に一つの宝石
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
 アニメ界において大抵の作品は分類可能だし、どんな作品かは少し見れば全体像はなんとなく見えてくるものである。しかし、本作は全く分類不能な異形な作品である。この恐るべきセンスの暴れっぷりは、殆ど芸術作品的なレベルだ。にも拘らず独りよがりのエンターテイメント化しないで終わらず、最終回に最高の上がる展開を用意してくれる。正に長いアニメ史の中でも稀有な、芸術性とエンターテイメント性を共有している宝石のように貴重な作品なのだ。以下に本作の魅力を列挙します。

①幾原監督

 良質な作品を連発する監督さんは何人か存在するが、強烈な作家性を持っている監督は現在幾原さんくらいであろう。シュールなほど他に類を見ない演出、所々に見えるユーモア、人間のドロドロぶりを描く怖いくらいな作劇。とにかく作品全体に幾原さんのセンスが横溢しているのである。

②キャラデザ、世界観

 本作のキャラデザも世界観も、アヴァンギャルドな程に美しい。劇場版に至ってその美しさが極に達するが、テレビ版で徐々にレベルアップしていく作画の魅力が素晴らしい。少女漫画の絵柄なのだが、ドンドン耽美で流麗な絵柄に進化していく。うっとりするような止め絵の美しさと、繊細な動きの素晴らしさが融合している絵だけでも魅せてくれる。

③キャラクター
 
 本作におけるキャラクターたち程現実的な設定じゃないのに、生々しい程そのドロドロぶりが伝ってくる作品は無い。特にお姫様ポジションであるアンシーの存在は、アニメ史上おそらくもう出ないキャラであろう。アンシーの仮面の裏から滲み出てくるゾッとしそうなおぞましさ、そしてさらにその奥にある想い。とにかく本作におけるキャラたちは安易に類別不能な魅力がある。

④ストーリー

 本作のストーリーで特に面白いのは、終盤にかけて暁生の正体が解ってきつつもウテナが身を任せてしまったり、アンシーとの関係が解ってしまう辺りからであろう。今までのウテナを含む若者たちの多くの想いが、全て汚れてしまった王子=嫌な大人の暁生の手中で利用されていたにすぎないという絶望感。そしてその状態から、最終回のラスト付近で華麗に飛翔する爽快感は本当に最高である。

⑤王子様とお姫様

 本作だけでなく、救う側の王子様と救われる側のお姫様という構造の話は現在でも無数に存在する。しかし、本作はそういった構造を見事に崩してみせる。ウテナがアンシーを変えたように、アンシーがウテナを変える。ウテナがアンシーを救い、アンシーがウテナを救う。上から救いの手を伸ばすのではなく、並び立って手を繋いで生きていく。本作は従来の物語構造を、救いを求めていた少女たちを革命する物語なのだ。

 本作のマイナスポイントは前半の盛り上がり不足だろう。39話でなく、2クール作品だったらより締まった構成になっていたかもだが、それは言っても詮無き事だ。さらに隠喩を多用する表現も、間違いなく人を選ぶものである。しかし、そういった歪さも込めて破天荒な本作の特徴を表していると言いたくなってしますのは、贔屓の引き倒しかもしれない。とにかく他に味わいようの無い魅力を持った傑作である。
2 人が参考になったと言っています。
2017年11月14日 07:42
Ceresさんのレビュー
今でいうピングドラム?
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
演出が古いとはいえ、出てくるセリフ回しも死語が目立つが、それでも面白かったし、わけがわからなかった。

それだけ楽しめるアニメなんだろうけれど、最後のほうに出てくるペンダントが壊れて試合を止める場面とかちょっと意味が分からなかったりした。

大切なものが自分が思っていたこと以上に別のものへと代わってしまったっていみだったのかなぁ?

演出にも象徴的な部分が多々あって、古いこともあり、解説っていうか、楽しみ方が今じゃもう失われているんだろう。

babyが一周まわって爽快なせりふになっている。

姫宮は徹することであの箱庭に王子を閉じ込めたのだろうか。

女とはかくも恐ろしきものだなぁ。
レビューが参考になったと思ったら押してあげてね
2013年12月11日 16:30
あるぼりーとさんのレビュー
世界に入り込めず
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
こだわって作りこまれた世界でしたが、入り込めないまま、いつかのめり込めるのかと思って長い話を最期まで頑張ってみたけど入り込めなかった。
でも、人気あったんだろうな。昔、外国の友人(外国人)に、ウテナのビデオを買ってきてほしい、と言われて??となったことがあったので、ずっと気になっていた作品。海外の人にまで名の轟いた作品ってどんなのだろう、と思っていたけど、わからなかった。

基本的に型の美学。徹底的にその美学に作品全体が彩られている。独特な絵もそうだし、セリフ、物語の進行、突発的な影絵による噂ばなしの展開などの実験的要素も含めて、そのこだわりと挑戦は大いに喝采を送りたい。
それだけに、物語の主軸となるストーリーと美学自体に共感できなかったというのが致命的に残念だった。その波長があった人には神アニメになったのかもしれないな、と思いながら視聴しました。
個人的には「輪るピングドラム」の方が入りやすかった。
レビューが参考になったと思ったら押してあげてね
2013年09月19日 14:45
絶対運命黙示録
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
幾原監督がCMに出てたの覚えてるw
まぁ曲も良いし、全体的に楽しめる作品ですよ、っと
レビューが参考になったと思ったら押してあげてね
2011年01月04日 14:23
qeさんのレビュー
少女革命ウテナ
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
最近見直してスタッフの豪華さにビックリしました。
いろんな意味で伝説になってるアニメですね~w

錦織さんもこの作品から仕事が増えたみたいな・・・?
レビューが参考になったと思ったら押してあげてね
2010年09月30日 15:18
  • 2015年04月06日 07:44
    視聴した範囲:全話
  • 2013年08月13日 02:05
    視聴した範囲:全話
  • 2013年03月01日 17:16
    視聴した範囲:全話
  • 2012年06月11日 04:52
    視聴した範囲:全話
  • 2010年08月18日 19:09
  • 2010年04月25日 18:45

運営していくにあたって

アニメ動画 検索

アニメ動画ランキング

リンク集

逆アクセスランキング

無料 アニメ動画 速報 高画質 HD MAD OP ED オープニング エンディング あにぽ おすすめ まとめ オタク おたく ヲタク SNS 映画 Youtube ニコニコ動画 おすすめ 新番組 amazon 楽天 グッズ wiki 保存 評価 レビュー 感想 視聴率 新作 人気 理由 anime game manga Vreel Daum Veoh MEGAVIDEO Youku Pandora Dailymotion acfun 56.com Tudou 新浪 Ku6 B9