アニポ

今日の2chネタ


四月は君の嘘 みんなの評価レビュー

評価平均 4.43 点 : 評価数 93
評価レビューを見る
2014年秋アニメ - 未放送


takatoさんのレビュー
88点、輝くような音色の青春アニメ
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
 本作は一言で言うなら青春だろう。本作と同じような要素を持っている作品はあるだろうが、作品そのものが青春の良い面も悪い面も表現しているような作品は稀有だろう。

 本作は決して毎回面白くてたまらないような上手い作品ではないだろう。時に愚図愚図で、要領よく語ることが出来なかったり、隙のない作品ではない。まるで袖で涙を拭きながら、涙で目を赤くし、鼻がツーンとしながらも精一杯話そうとしている本作の主役二人のようだ。不器用で、言葉で上手く自分を伝えられない、愛おしい彼らによく似ている。

 そして本作の魅力も滑らかに流れるように語られるものではない。それは花火のように炸裂し、七色に輝いて、一瞬で過ぎ去ってしまうからこそ忘れたくない、心に刻み付けたいのだ。

 アニメ作品で本作ほど瑞々しく、確かな技量に支えられた、心を熱くしてくれる演奏シーンを描いたアニメ作品があったろうか。正直こうした方がより良かったのに…みたいに思う点もある。しかし、本作のカラフルな若々しさに満ちた素晴らしさは決して色あせない。

 1話でキラキラ輝いているかおりちゃんに心奪われた公正君のように、あの日出会ってくれて本当にありがとう。心に生きる君を決して忘れない。
11 人が参考になったと言っています。
2017年11月12日 23:12
ぷにさんのレビュー
ぼろ泣きしました
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
自分もピアノをやっていた時期があったので、共感する部分が多くとても良かったです。原作未読ですが、最初から最後まで文句の付けどころの無い仕上がりだったと思います。

この作品は演奏シーンが凄く多いんですが、一つ一つ大切に丁寧に作られていて、雑だなと思う部分が一つも有りませんでした。

それぞれのピアニスト、ヴァイオリニストが奏でる音を色彩で表現している所が凄く好きです。アニメで音の印象を伝えるのはかなり難しい事だと思うんですが、一人一人の音が見事に伝わってきて、感動しました。
一番好きだったのは 公生がスランプに陥り、ピアノが弾けなくなってしまうシーン。ピアノの音が聞こえない事を、水で比喩して、音が沈んで行くという描写を表現していたのが凄く良かったです。

音楽と青春を上手く融合させている作品だと思います。声優さんのキャスティングもピッタリで、演技も素晴らしかったです。殆どシリアスな場面が多いですが、たまにくすっと笑えるような場面もあって面白かったです。

音楽に限らず、一つの事をずっと継続するという難しさを改めて感じました。必ず壁にぶつかり、嫌いになってしまう瞬間が有るんですが、そこで挫けずに前に進めた人には必ず光が射すんだと。彼の場合はかをりちゃんに出会う事でそれを知り、改めて音楽の楽しさを思い出す事が出来ました。

あの花以来久しぶりにこんなに泣いた作品だと思います。殆ど涙を溜めながら観ている状態でした(笑)2クール目からは特にずっと泣いていたように思います。1話1話があっという間で2クールまで一気に見終えてしまいました。本当にオススメの作品です。
1 人が参考になったと言っています。
2017年06月27日 23:56
はぉさんのレビュー
本当に良い作品です
評価
最初は解らないかもしれませんが最後まで本当に良い作品だと思います。
結末は途中からどっちだろうな~と皆さん思うと思います。
多分どちらかですw

久しぶりにもう一度見直したくなる作品で、
見直したからこそ「あぁそういう事か」と一話目から思わせる作りです
その為、最初の解らない部分も最後まで見た後だと、登場人物の気持ちが痛いほど伝わってくる。
設定の中学生と言うところが味噌で、その淡い気持ち・切なさがとても良く表現されています。
もしこれが高校生以上ですと作品はもっと変わって行くのでしょう。

悪い所と言えば、主人公の「トラウマ」部分が結構簡単にあっさり無くなっていく所ですね
あれだけの状態であれば、もう少し色々と有っても良かったのでは?
後は、天才とは言えアレだけのピアノ・・・
小学校時代の主人公と現在の主人公、弾き方が変わるとは言え、曲自体が寧ろ小学校の時の方がレベル的には高い様な気がします。
つまり差が少ない事です。曲のチョイスが微妙だった気がします。
正直その位の些細な部分ですので、全体評価で4.5としました。
1 人が参考になったと言っています。
2017年06月22日 18:24
南国さんのレビュー
85点 自分には、(萌え)豚に真珠のようなアニメw
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
主人公である有馬公生は、虐待にも似た過酷なレッスンにより、幼くして天才ピアニストと呼ばれるまでの技術を獲得したが、同時に演奏を楽しむ心を失った。

ヒロインである宮園かをりは、ある日知らされた事実により、それまで踏み出せずにいた夢に向かって進む決意を固め、同時に1つの嘘を貫く覚悟を決めた。

無理に動かされて狂い、止まってしまった時間を過ごしている少年と、
止まってしまうからこそ動き始めた時間を走り出した少女の物語。

2人の出会いから幕を開け、公生視点で物語は進行していく。

公生から見たかをりは、天真爛漫、奇想天外、暴力上等、つまりは印象最悪。
しかしそんな彼女のヴァイオリン演奏は、とても個性的・情熱的で、正確にピアノを弾く技術だけを積み上げてきた公生を魅了する。(公生だけでなく自分も一気に引き込まれた)
その瞬間公生の中に芽生えた憧れ、恋心。でも彼女の視線の先にいるのは公生ではなく、彼の親友。
自分はあくまで友人Aであり、伴奏者であり、代役。そう自分に言い聞かせ、モノトーンの世界に留まろうとする公生を、かをりは放ってはくれない。

コンクールに出場しろ、練習をしろと執拗に追い立てられ、強引に連れ回される日々。
引きずり出されるように戻っていった懐かしの舞台に広がる、トラウマだけでない音楽の世界。

それはショック療法のようなかをりとの協奏の中で思い出した、歪んでしまう前の母の教えだったり、
五線譜の檻から脱し感情に任せて音を奏でる、演奏者としての原始的な喜びだったり、
衰弱していく母のために演奏していた頃には気付けなかった、ライバルたちが自分に寄せる対抗心と、その裏にある公生への憧れだったり。

無理に動かされた時間の中で見落としてきた想いや、それらに支えられていた自分を、再びピアノに向き合うことで発見していく。立ち直り、夢を見つけ、そして自覚する、全てのきっかけをくれた彼女への恋心。

カラフルに色付いていく公生とは対照的に、夢を叶えた後次第に色を失っていくかをり(視覚的にも色を失うというねwアニメならではの表現だけどこういう使い方は初めて見た)。
2人の与え与えられる関係が逆転していく後半。遠い場所から演奏によって想いを届ける公生の行動がかをりを励まし、それによって彼女は希望とともにあり続けることができた。

観終えて理解するタイトルの意味。
綴られた言葉には、隠してきた想いと優しい嘘。

あああああああああああああああ!!ww

以下ネタバレあり。

字数的に厳しいので、かをりの心情考察に絞ります。

お題は、なぜ渡が好きと嘘をついたのか。
嘘の理由までは書かれなかったので、考えてみます。

まずは簡単に振り返り。
かをりは、ヒューマンメトロノームとなる前の公生のピアノを聴いてから、ずっと公生との共演を夢見てきた。
公生からは天真爛漫、奇想天外、暴力上等に見えていた彼女は、本来は内気で臆病で、地味な眼鏡っ子。
その控えめな性格と、公生がピアノをやめてしまったという事実から、公生とはまた違う意味で止まった時間を過ごしていた。
不治の病が皮肉にも彼女に勇気を与え、仮面と嘘で覆った姿で公生に接近していった。

仮面の方は、ふさいでいる公生を強引に引っ張るために演技しなければならなかったというのが一番大きいかなと思ってます。

嘘の方はおそらく、

「仲の良い幼馴染たちの間、特に椿と公生の間に割って入ることへの罪悪感」と、
(手紙で椿の公生への気持ちは知っていたと言ってましたし、かをりの本当の性格上そんな椿への遠慮があったとしてもおかしくないかと)

「女性関係には節操がない一方、その人柄の良さから渡なら許してくれるだろうという計算」と、
(自分は渡にとってその他大勢の女の子の一人にしかならず、渡を大きく傷つけはしないだろうと踏み、また椿の恋も邪魔せずに公生の近くにいることができるポジションだと予想したのではないかと)

何よりも、
「幼い頃から憧れ、恋をした相手である公生を傷つけたくないという思いやり」があったのだと思います。
(仮に公生が好きと言ってストレートに接近し、実際に恋人関係になれたとしても、結局自分は逝ってしまうわけであり…近づきすぎればそれだけ公生を傷つけることになる。そうなってほしくないために、自分の想いは胸に秘め、公生の救済と、せめてもの夢の成就だけを願い、実行したに一票w)

公生に近づき、救おうという自分の想いと、
遠慮、思いやり、少しの甘えといった友人たちへの想い。

それらがせめぎ合い、形になったものが、嘘による一歩引いた関係性だったのだと思います。
2 人が参考になったと言っています。
2017年03月22日 11:33
オススメだけ紹介さんのレビュー
名作中の名作
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
武士(たけし)が憧れた有馬公生と絵見たちが憧れた有馬公生って違うんだー など観るたびに発見もあります
演奏シーンなどは圧巻です。
観てしまうと止まらなくなるかも知れないで、お休みの前日に観ることをお勧めします。
レビューが参考になったと思ったら押してあげてね
2016年10月01日 00:44
Sakkuさんのレビュー
ただの雰囲気アニメ
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
原作未読。
題材良し。設定良し。絵柄良し。
しかし全話見終わった感想は正にどう評価したら良いのか分からない作品でした。

演奏中は回想シーンと会話シーンが邪魔と思うばかりに出てきてピアノの音が聞こえずらい。

日常シーンも臭いセリフばかりで会話が成り立ってねーよ。

ラストのヒロイン殺しとか。
病気の母親の為にピアノを頑張るがポックリ。そしてヒロインが倒れて今後こそピアノを弾く事で報われるかも⁉︎と期待したのが馬鹿だった。


終始雰囲気だけの感動のごり押し売りでした。
2 人が参考になったと言っています。
2016年05月31日 19:07
imoさんのレビュー
ノイタミナはすごい
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
原作がオリジナル、漫画のアニメはノイタミナはすごい。
かをちゃん、椿、有馬の3人の三角関係ではないけど全員がよそよそしい場面もあるけど
中学3年らしく大人になりよるな~って感じるアニメ
そしえ、音楽も最高
ピアノのシーンもバイオリンのシーンも丁寧に描かれてる。
自分が見たアニメの中でも5本の指に入る
1 人が参考になったと言っています。
2016年02月17日 09:50
あわわさんのレビュー
不思議にも素敵!
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
どんな話か全く知らず、見てみたら意外な結末でした(゚Д゚;)
なんとなく画像から演奏するんやなーくらいしか考えていませんでした…


あまりタイトルに囚われず視聴していたら
なんとなんとそうゆうことだったのかと。
最終話でタイトルの重要性に気付かされましたね。


私はポエムや音楽には微塵も縁のない人ですが
この作品に出てくるポエムやら楽曲にはとても興味が湧きました。
この曲にはどんな意味があるのだろうかと。



やっぱり一番印象に残ってるのは
言葉を重ねて念じるところかなぁ
気が付いたら俺も一緒に念じてたわ
詩的な会話がまた素敵だった!
2 人が参考になったと言っています。
2016年01月06日 05:43
こげぱんさんのレビュー
あの感動が蘇る作品
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
原作ファンなのですが、漫画をアニメ化すると劣化してしまうと思いあえて避けてきました・・・
(好きなマンガほどアニメ化されたときの落胆が大きいので)
世の中には名作マンガを汚す駄アニメの多さに呆れている人も多いでしょう・・・

しかし、この作品は原作ファンも引き込まれてしまうほどのクオリティがあります♪
むしろ音楽・声優の効果も加わり見やすいぐらいです

何度も読み返して知っているはずのストーリーですらも新しい感動を与えてくれます

演奏しながら思いを伝えようと頑張る演奏者達に共感や憧れを抱くのも当然だと思いますし、若い恋にキュンとした人も多いでしょう♪

沢山の人と音を共有できた時、沢山の人に音が届いた時、心を重ねた時・・・
音楽は言葉を超えるのかもしれない

沢山の名言に心を動かされる人もいるのでは無いでしょうか?
「たった一人でいいんだ、届くかな? 届くといいな」


自分の残り少ない命で大好きな公生に自分の教えられることを必死で伝えようとする母親に心を打たれます
「もっとそばに居てあげたかった・・・私の宝物 幸せになれるかしら」(ノω・、)

自分の残り少ない命で大好きな公生に近づきたい、けど間もなく命尽きるであろう自分が公生にとって大切な人にはなってはいけないという状況で
子供の頃の夢だった公生と共演するという夢を叶えるために嘘をつき、
残り少ない時間を一生懸命に生きる宮園 かをりに心を打たれます
「挫けそうな私を・・・支えてください」(ノω・、)



最終話に関して辛口の評価もありましたが、自分は原作に沿って作っているので概ね満足できました

最終話で

かをりは最後の命を振り絞り公生との共演を叶えたのです
それを悟った公生はかをりの消えるまでは「いかないで」と願い、かをりの満足気な笑顔の意味をずっと飲み込んでいたのです
そして、かをりの消えた後には言葉に出来ないほどの万感の想いを込めて「さよなら」を伝えたのです
会心の別れのシーンだったのです
すべてを集約した渾身の演奏を二人で叶えたので、公生は後に引きずらずに前を向いて生きていけたのです


突然日常シーンに戻ったのは蛇足を避けるための作者の心遣いです
そういうわけで素直に感動の余韻を堪能してね♪
「僕らはまだ 旅の途上にいる」
4 人が参考になったと言っています。
2016年01月04日 04:39
yoseiさんのレビュー
僕の中に君がいる
評価
視聴した範囲:2周 違反報告
素晴らしい。絵は凄い綺麗だし、声優もナイスセレクト。何より、ストーリー性がすごい!四月は君の嘘の世界観に吸い込まれた。泣ける。1周目の時は、純粋に楽しめて、2周目の時は、もっと1つ1つの発言に着目するとなおいい。見た方がいいアニメだろう。
1 人が参考になったと言っています。
2015年11月08日 22:37
フールさんのレビュー
せつない
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
感想としてはせつないの一言、泣いたなー久しぶりに、かをりがカッコよすぎて非常に可愛い!有馬がもう少ししっかりしてほしかったがまたそこがこのアニメの見所の一つとも思った!あの手紙に心打たれたー、
オススメします
1 人が参考になったと言っています。
2015年09月16日 11:59
kINGさんのレビュー
いいんじゃない!?いいんじゃなーい!!
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
全話視聴しました。クラシック音楽の事はまったく知りませんが知らなくても楽しく全話視聴できました。クラシックを知らなくても楽しく視聴できる!!これ重要ですからw ストーリーも絵も悪くないですね。ドン底に居る主人公が周りの友人・好きな人・ライバルに支えられて成長していく姿は。最終話の終わり方もいい締め方だと思います。主人公が一気に成長する瞬間ですから。
1 人が参考になったと言っています。
2015年07月30日 22:25
Noahさんのレビュー
マジ泣ける
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
このアニメは西武鉄道で、30112Fに君嘘のラッピングがしてあるのを見て「金髪の女の子かわいい。メガネの男もいいな」と思って見てたのがこの物語に出会ったきっかけでした。昔、練馬に住んでて、最初に、あの練馬文化セnじゃなかった藤和ホール見て懐かしーと思いました。最後の話でマジ泣いて(ウルウル
君嘘めっちゃいいです。
君嘘の延長版とかあったらマジ見てみたいなー
君嘘を見てから、18話ぐらいに、かをりちゃんの病室で出てきた「いちご同盟」を読んでみるといいかもです。
1 人が参考になったと言っています。
2015年07月08日 16:10
rikkaSさんのレビュー
最高の作品だった。
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
演奏のシーンは、特に力が入っていた作品でした。
ピアノだけでなくそれぞれの楽器での演奏シーンも最高でした。
クラシックの知識がないから作品が楽しめないとかそんなこと一切ないです。
演奏一つ一つにそれぞれの思いがあり、色があるような作品でした。
演奏者一人一人が誰かの事を思い演奏している。
その思いが会場中を魅了する。演奏者の気持ちを捉えた作品だったと思います。
ピアノの音が突然聞こえなくなった少年!その少年を支える周りの様々な登場人物!登場人物一人一人に少年に対する思いがある。それらを上手に表現できてた作品でした。
この作品はとても感動できました。
特に後半は、泣きました。

本当に感動できる作品です。
まだ、見たことのない人は是非見てください。
22話と少し長いかもしれませんが、時間をとって一気に視聴してほしい作品です。
きっとあなたも満足いく作品です。
2 人が参考になったと言っています。
2015年07月01日 16:04
あるぼりーとさんのレビュー
絶望の海を乗り越えた少年と、希望とともに戦い抜いた少女の物語
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
見終わってかなり時間が経ってしまったので、その時の感覚とは違った視点で書いてしまっているのが残念ですが、素晴らしい作品でした。

まずタイトルが印象的。非常にセンスのいいタイトルだなと思って視聴。
逆に、話の構成自体は奇をてらったようなこともなく、先が読める展開を、しっかりと丁寧にこころをこめて描き切ったといった感じ。
そして、その丁寧に描かれた彼らの(残された)日常の日々が、ひしひしと感じられるからこそ、この物語が切なく、そして胸を打つ作品として立ち現れるのだろう。

また、この物語の描き方と合わせて、映像の美しさというものもこの作品の大きな特徴だろう。とくに演奏シーンの目の覚めるような映像美は、音楽という非常に感覚的で学習的な「価値」について、視覚的に説得力を持たせてくれる非常に大きな武器となっている。とにかく、美しく、そして音楽が作品の中で果たしている意味を理解する手助けをしてくれる、そういう素晴らしい映像となっている。

そして、このアニメのテーマである音楽。OP、EDから作中で登場人物たちが演奏する音楽まで、非常に的確に、わかりやすく、そして心に届くように非常に心を砕いて配置され、作りこまれているのが伝わってくる。

そうやって、丁寧に丁寧に積み重ねられた上に、この切なく、辛く、そしてかけがえのない時間を駆け抜けた彼らの物語がある。

傷を、病を、希望を、絶望を、そしてひとを信じるということを
駆け抜けるように物語り、そして止まらない涙とともに見終わった作品。
繰り返し繰り返し見るだろう。そしてその度に涙するだろう作品。
3 人が参考になったと言っています。
2015年05月03日 14:43
チョコさんのレビュー
音楽と映像がつくる感動
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
なぜか涙がでてきたアニメ。
演奏シーンでは何回でも感動して泣いてしまいます。
音楽だけや映像だけでは生まれない心に響くモノがこのアニメにはありました。
作画は間違いなくトップレベルの作品だと思います。

だが逆に日常シーンとかだと演奏シーンがものすごく良すぎて平凡に感じてしまいました。
ポエム調とキャラ同士のやりとりのギャグ?シーンをスルーできる人ならすんごく面白いと感じれるでしょう。

キャラクターは中学生にしてはすごく大人びていて、かをりちゃんはスタイル良いし公正は後半の方にカッコよく描かれていて魅力的に感じます。

ストーリーも普通に楽しめる内容だと思いますが、エンドが個人的には参りましたorz

瞬間的に泣きたい時にまた見ます。
3 人が参考になったと言っています。
2015年04月01日 04:03
luciさんのレビュー
ブラボー!!
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
まずはOPですが、某動画サイトで話題になったGoose houseですね。
とてもいい!このアニメにすごく合ってると思う。

次に作画、とても綺麗ですね。
人物の表情や動き、色や情景がとても繊細ですね。
四月は君の嘘ってことで桜があるのですが、
花弁の散ってるとこもすごくきれですよ。
演奏時の作画はさらに気合入っています。
色で音楽を表現したりしてわかりやすいしきれいです!

内容はクラシック音楽のこととゆうよりは、
1人の少年の甘酸っぱい青春の物語てほうが強い印象を受けると思います。
なので音楽の知識はなくても十分楽しめるかと思います。
もちろん知識があれば、セリフにびびっとくるものもあると思います。
11話の終盤の少しの間奏からセリフ、
そして一呼吸おいての音楽の入りは鳥肌が立ちました。


最終的には、甘酸っぱい青春とかそんなもんじゃなかった。
すごくつらい物語、だけど前に進んでいくそんな内容でした。
かなりの良作アニメです。こんなに良作なのはなかなかないと思います。
ぜひみてください
6 人が参考になったと言っています。
2015年03月30日 19:00
mintさんのレビュー
心に響いて
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
なんて儚く、繊細な人たちなんだろう。登場人物たちの大半が中学生ということに戦慄を覚えつつ、そんなことを思いながらの視聴でした。

世間を騒がせた元天才ピアニストと天真爛漫を地でいったような少女が「友人」として出会ったことが物語の始まり。そんな少女に引きずり回されて、見ないように見えないように逃げてきたことを正面から見せ付けられて泣いて折れて、そして少女に背中を蹴っ飛ばされて競うように奏でた2人の演奏。

主人公が前へと進みだしていき、ピアノのセカイへと戻っていく日常の中で明らかになっていく君の嘘。儚く、繊細で決して強い心を持っているわけではない彼と彼女。でも、伝えたい思いをいろんなものに込めて伝えてきた彼女に、遠くから音楽で伝えようとした彼。

とってもよい作品でした!なのでもう一周してきます!!
1 人が参考になったと言っています。
2015年03月28日 12:01
もっちさんのレビュー
こういう結末を望んでいたのですかね?
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
かをりに死亡フラグが立っていたのは当初から判っていたこと。
それならばこの物語は公生を主軸にしてかをりの死を看取ってゆくのか?

というストーリーを期待していたワタシの観点はヘン?

19話まではそんな感じじゃなかったですか?

ラスト3話辺りから、舵が変わった気がしました。
19話ってストーリー展開がおかしく感じたのはワタシだけ?
20話は方向転換?に既成事実回になっていたかも。
21話はその延長。
最終話はその結果?

いつの間にかかをりはこの世に居なくなっている。
それどころかある程度時間が経っている。
そして葬儀の時ではなく時間が経って墓参の時にかをりのダイイングメッセージ?

視聴者はそこを見たかったのですか?
かをりの無念さや悔しさにクローズアップしなかった理由はなぜ?
死人に口なしですか?

公生の母親の無念さはあれだけ強烈に取り上げたのに、かをりはそのまんまこの世から消失?


それを考えると最終話のピアノのCGやらの凝り方は異常でしょ。
正味21分程で物語全体とこの単話の起承転結を付けなければならない苦労はあったかとは思います。
最終話だけ1時間スペシャルとかになればまた違う展開も選択肢にあったのかもしれないけど、原作もこんな感じだったのかな?

無理繰りハッピー穏やかエンドにしちゃった感がとっても残念。
途中までは高く評価していたのに、尻つぼみ。
DVDを買うつもりでいたけど、キャンセルしま~す。
レビューが参考になったと思ったら押してあげてね
2015年03月22日 22:58
アサトさんのレビュー
灰色になった少年が、24色パステルカラーを取り戻すまでのお話
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
美しい。1話を見た瞬間、誰もがそう感じるだろう。

この作品の世界は輝いていて、その世界に負けないくらい登場人物たちも輝いている。ただ一人、主人公を除いて。
とある理由で主人公の少年は、自分の弾くピアノの音が聞こえない。ピアニストなのに。ピアノを愛しているのに。いや、聞こえなくなった時点で彼はピアニストであることを止め、ピアノを愛することも止めた。カラフルに輝く世界に生きる少年は、そうして灰色になった。

灰色になった少年は一人のバイオリニストの少女と出会う。
その少女との出会いは、少年をカラフルに出来るのか。続きはぜひ作品を見て。


この作品の面白さは、毎話毎話がひたすら面白いと感じるようなものではない。しかし、面白さが爆発した回は、二度と忘れられないものとなり、二度目では足りないぐらい何回も見てしまう。
ヒロインの少女や、友人の少年、そして幼馴染の少女から発せられる数々の名言は、主人公の心に突き刺さり、貫通して見ているこちらの心にも突き刺さってくる。こんなにも見ていて心が踊り、涙腺が刺激された作品は久しぶりだった。最終回なんて始まってから終わるまでずっと涙してた。

これから青春を謳歌するであろう少年少女、謳歌した青春を思い出そうとする紳士淑女、性別や年齢の垣根を超えて、全ての人を楽しませて、感激させてくれるこの作品。見ないわけにはいきません。
13 人が参考になったと言っています。
2015年03月22日 13:21
shoさんのレビュー
よかった
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
何気なく見始めたけど、自分的には凄く良作でした。久々にめっちゃ泣いた。最後の方の何話かは毎週泣けた~。今までクラシック音楽とか全然聴いたことなかったけど、この作品を見てクラシックも色々聴くようになりました。終わっちゃって寂しいけど、自分は君嘘に出会えてよかった。
レビューが参考になったと思ったら押してあげてね
2015年03月21日 11:18
mkunさんのレビュー
なんか惜しい
評価
演奏部分は好きです。演奏家が自分の情熱と努力で表現していることがよくわかる
アニメです。クラッシックの楽しみ方の一つを提示してくれている。

すごいいい話だと思っていたけど最終話で台無しです。
唯一の救いは、こうせいが復活したこと。

あとの人の思いはぐしゃぐしゃのまま、

他人をもてあそんで、好きな人に近づき、告白もしないで死んでいき
死後その思いをつたえるなんて、最悪、

生きてるうちに思いを伝えたのであれば、それは求愛であり、許される行為でしょうけど、

手紙って、しかも内容は遺言風だし。
最後の最後に彼女の本当のエゴが出たというかんじで、大変残念です。
2 人が参考になったと言っています。
2015年03月21日 10:19
TAKさんのレビュー
素敵な青春物語
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
アニメでこれだけ感動することができるんですね。素敵な音楽や各シーン、名言が心に刻み込まれました。

まず、全話を見られていない方は、レビューを見ているだけで、
およそネタばれな書き込みを目にしてしまうかもしれないので、すぐにこのページを閉じて1話だけでも見てみることをお勧めします。

もし全話見られた方であれば私のようにわざわざ新規会員登録してでも、高評価をして作品を他の人に見てもらいたいと思う人もいることが分かると思います。

私も音楽を始めてみようかな・・・
1 人が参考になったと言っています。
2015年03月20日 23:37
くろさんのレビュー
音楽を通して出会えた人たちがいる
評価
視聴した範囲:全話 違反報告

全部全部“君”のせいだよ

と彼女は言った。

君が私に君といる時間への未練をくれた

とも....
でもそんな彼女だからこそ彼に言う

“私”がいるじゃん

音楽を通して出会い
音楽を通してふれあい、支えあう

タイトル通り、四月から始まる恋の暖かく柔らかいストーリー

傍から見ればあまりにもまっすぐで青くて痛々しい
でも当事者たちは真剣でまだ成長途中の彼らには持て余してしまう感情や環境の変化に悩みながら
音楽を軸に色々な人と絡み合いながら自分の立ち位置を探していく

誰しもが通ってきた、通る道をアニメという表現方法をこれでもかと生かした画面いっぱいに広がる煌びやかな色彩
思春期の想いを赤裸々に、言葉に乗せて語る声優さんの名演技
なんといっても音楽を扱う作品として楽曲のどれもが素晴らしい..


心の中にそっとしまっておきたいそんな作品です。

それにしてもいい作品を見終わった時のなんとも言えないこの気持ちになるのは何と呼べばいいのだろう
6 人が参考になったと言っています。
2015年03月20日 19:30
ぜっとんさんのレビュー
『友人A』を伴奏者に任命します。
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
「四月」それは出会いの季節、そして新しいスタートの季節。
「嘘」それが指すものとは。
自分のためについた「嘘」なのか、君のための「嘘」なのか、それともまた別の「嘘」なのか。 たったひとつの「嘘」。
友達に対して笑顔を見せることができる。
でも弱っている姿や苦しんでいる姿、零れる弱音と涙。
それは本当に心から思っている人にしか見せることはできないと思う。
いくら強がっていても好きになった「君」のことならわかってしまう。

一度出会ってしまった者。自分の心の中を「カラフル」に彩ってしまった君を忘れることはできない。君のおかげで帰り着いた新たな舞台。見つけ出した新たな「色」。

なのにどうして君は・・・

音楽の楽しさを教えてくれた君。音楽を続ける意味を教えてくれた君。
楽譜というルールに囚われずに音楽に乗せて届けたいこの気持ち。
君がいるからぼくは生きていける。
だからぼくは君のために弾く。そして君のために弾き続ける。
僕はもう一人じゃない。僕の中、私の中に君がいる。

この思いは君に届いたかな…。

「ごめんね。」そして「ありがとう。」

切ない、感動の物語がここにあります。
そして全てを知ったうえでもう一周見てほしい。
あのときの何気ない発言、妙に意味深なあの言葉、あの行動の真意、そしてあの時実は…っていうのが分かり、
「言葉の重さ」がより伝わってきます。
そしてポエム風の発言だからこそと思えるものがある。
10 人が参考になったと言っています。
2015年03月20日 14:33
yuyuyuyuさんのレビュー
今季1,2位
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
最初はメガネと美少女の恋愛なんか見たくないと敬遠していたのだが、一度見てしまうと、絵が綺麗だしかおちゃん可愛いしすっかりはまってしまいました。少し後悔しているのが、パズドラしながら最終話を見てしまったので、感情移入ができなかったことです。最後泣きたかったです。。。見て後悔するようなことは、たぶんないと思います(笑)
1 人が参考になったと言っています。
2015年03月20日 12:46
りんさんのレビュー
僕らは誰かと出会った瞬間から一人ではいられない
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
何気なく予告トレーラーがカラフルな感じで作画が良さそうだったので視聴し始めたこの作品。

いや、本当に出会えてよかった。

決して突拍子も無いストーリーでは無く、青春恋愛物の王道を行ったような春に女の子と出会いその子に恋をして環境が変化していくという物ですが、とても詩的な表現が多くそれが好きか嫌いかで大きく意見が分かれるとは思いますが、自分はどっぷりはまってしまいました。

普段なら恥ずかしいような生臭い感情を言葉にしてそれを素敵な音楽と映像にのせることで凄く心に響くセリフとなってこの作品全体のメッセージ性を強く伝えている気がします。

"僕らは誰かと出会った瞬間から一人ではいられない。"

生きていく中で沢山の出会いや別れがあり色んな感情で色付けられた思い出が人によって様々な形としてあると思いますが、こんなにも自分は生きていく中で沢山の人に支えられてきたのだなと見終わった後に少し優しい気持ちになれる様なそんな作品です。
4 人が参考になったと言っています。
2015年03月20日 08:58
リトさんのレビュー
音符の海でたゆたう物語
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
音楽って不思議です。
ひと潜りする程に、命を削る程に辛くて苦しくて。
そこから大切に握って水面に持ち帰るモノは、驚くほどちっぽけで…。
だからこそ、皆覚悟を決めて水面へ飛び込むんですよね。
何かを賭け、あるいは…逃げる様に。
『自分にとっての音楽って何?』
そんなひどく陳腐な答えに、こんなにも苦悩して…苦しんで。
なのに、散々な思いをさせられた音符に救われて。
100人いれば、100通りの『かけがえのないモノ』
だから
音楽って不思議です。

少年と少女、そして友人達の恋愛話。
そんな陳腐なストーリーが、音符の羅列で極彩色に輝き踊る。
そんな綺麗なお話が詰まってますね。

ひどく個人的で偏った主観に満ちた登場人物の独り語りも、ふわりと旋律にあてられて色付く。
個人的には大好きな作品です。

タイトルに込められた「嘘」
ラストシーンは賛否両論あるでしょうが、とても素敵な締めくくり方だと思います。
この先の答えは、是非ご覧になって感じてみると、きっと素敵な時間が過ごせます。
11 人が参考になったと言っています。
2015年03月20日 08:03
お昼寝大魔王エンマさんのレビュー
まるで24色のパレットの様な
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
本当に、もう本当に素敵なアニメでした!

劇中のBGMだけではなく、OP、ED共にとても良い曲ばかりで、後半のED曲に関しては、最初は悲しい歌だな…という印象でしたが、最終回を視聴した後に聴くこのEDはなんて温かい曲なんだと、なんて素敵な曲なんだと思わず泣いてしまいました!(笑)

主要人物は主に中学生が多く、ちょっと臭いポエムが幾度と流れます。

でも、ポエムなのだから臭くても良いじゃない!それに学生はこうでなくては!

登場人物を通して、徐々に成長していく主人公。その成長がそのままピアノに反映されているかの様なカラフルな演出。

学生の方も社会人の方にもおすすめしたいアニメです!
9 人が参考になったと言っています。
2015年03月20日 04:31
彩菜さんのレビュー
世界が色づいて見える。
評価
視聴した範囲:2周 違反報告
最初は絵を見て「お、青春ものっぽい。視聴決定~♪」ってノリでした。

見始めてみれば普通に主人公根暗だ~とか、
ヒロインめっちゃ可愛い!とか親友と三角関係!?とか。
ほんと、普通に楽しんでたんですけど。
ほかの青春ものと違うのは音楽を題材にしているところ。

主人公の友人A・・・失礼。
有馬公生がピアニストとして挫折したり立ち直ったり。
その度に彼の感情が演奏からしっかり伝わってきました。音楽なんてさっぱりですけどw
ライバルのピアノ然り、ヒロインのヴァイオリン然り。

そうやってそれぞれのキャラクター同士の繋がりや思いを表現するのって単純に凄いって思いました。

あとはタイトルにも入っている"嘘"。
キャラたちもちょいちょい嘘ついちゃったちしてヤキモキさせられますw
まあ青春ものの醍醐味ですwやっぱりおいしいですね、青春ものw
最後にヒロインである宮園かをりの嘘が判明するのですが・・・・。

切ない。この嘘が劇中のかをりを形成していたのかと思うと。

俺ももう嘘つかないで本心を伝えたいと思います。
かをりちゃん。君が好きです。
5 人が参考になったと言っています。
2015年03月20日 03:40
yantoさんのレビュー
せつない
評価
視聴した範囲:20 違反報告
いやいや

若き日
言葉にできなかった気持ち
代弁してくれてます。

椿!!!
よく言った!
ドキドキして何度も見ちゃったよーwww

走り出した椿
そしてかおりん
どうなるんだろう・・・

心配っす。
1 人が参考になったと言っています。
2015年02月01日 21:59
桃華さんのレビュー
青春音楽アニメ
評価
視聴した範囲:12話 違反報告
絵が凄い綺麗ですね
音楽方面に疎い自分ですが演奏パートの作画に思わず魅入ってしまいました
特に2話のヒロインのバイオリンのシーン凄かったです
OPも絵が綺麗ですし君だよ君なんだよ~のサビシーン大好きです

キャラクターも魅力的でメインヒロインが凄い可愛い
暴力ヒロインが自分は嫌いですがこのヒロインは大好きです
ゲシゲシ攻撃までも含めてギャグの一環というかテンポが良いので思わずクスッてなってしまいます
種田さんが演じる金髪少女のイメージが全くなかったのですがとても可愛いですね

幼馴染の二人も良い味出してますしライバルキャラも魅力的です
ただ少し母親の話を引っ張りすぎだなと思うのでそこで-5点
母親の話が入るとどうしても重くなってしまいますね

将来的には海外行く話なのかな?
ですが12話時点で少し不穏な空気を醸し出してます

もしかしたらヒロインが病気死亡エンドだったりするのかな・・
結構感情移入しちゃってるので欝エンドだったら立ち直れないです
ハッピーエンドに期待!
1 人が参考になったと言っています。
2015年01月14日 18:37
ぺぷさんのレビュー
4話・8話・11話が最高!
評価
視聴した範囲:11話 違反報告
演出の良さでは今まで見たアニメの中でもダントツで一番。登場人物にも嫌なキャラがひとりもいないし、ピアノやヴァイオリンの演奏も相まって見ていて本当に純粋な気持ちにさせてくれる・心を洗ってくれるような作品。原作ありきの作品である以上、引き延ばしがちょっと多かったりするなどの問題点はあるが、それを加味してもこの作品の出来は100点をつけるに値する作品であると思う。
1 人が参考になったと言っています。
2015年01月07日 19:09
kaiさんのレビュー
回想シーン多し
評価
視聴した範囲:11話 違反報告
毎回といっていいほど冒頭に回想シーンがある。途中にも回想シーンが散乱していて、話の進捗が遅いように思う。
頑張って11話まで見たけれど、なんとなく先が読めた。お決まりのパターンで完結しそうに思う。興味のある人は引き込まれるかもしれない。
2 人が参考になったと言っています。
2015年01月04日 15:02
ふらぼんさんのレビュー
アニメ制作会社の力の入れようが半端ない。綺麗すぎる。
評価
視聴した範囲:11話 違反報告
私は、クラシックに興味はありません。知識もございません。
ですが、この作品にそんなものは必要ないです。
2話のヒロインの演奏シーン素晴らしすぎます。
音楽が、ではありません。(音楽も素晴らしいのかもしれませんが、私に知識がないので・・・)
まず作画、1話から綺麗な作画だなーと思いながら見ていると
2話の演奏のシーンで度肝を抜かれました。
あのシーンにどれだけの労力がいるのか想像もつかないです。
だって、あの繊細な動きに3Dを使っていないのだから・・・
そのシーンだけでも見て欲しいです。
あのシーンを制作した方々が報われて欲しい。

あとは足ですね。足フェチにはたまりません、このアニメ。
足が綺麗すぎる。ヒロインも可愛すぎる。

音楽(クラシック)の話なので音楽も素晴らしいです。

EDに入る瞬間は毎回涙が流れる。

ストーリーも結構おもしろい
とりあえず4話までみてほしい。2話と4話に山場があるので。
それ以降は惰性になるかも。

あと、くっさいセリフが多く、肌に合わない人にはキツイと思います。
そういうときは「くっさ」と言いながらスルーして見てます。
10 人が参考になったと言っています。
2014年12月28日 07:25
kumanokoさんのレビュー
アートのようなアニメ
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
原作はちょっとしか読んだことがなかったんですが、アニメを見てびっくり!
まず、キャラがみんな美形に!
こ、公生...それじゃお前...ただのイケメンやないか!とか、
椿がこんなに可愛かったなんて...(絶句) ってな感じで(笑) どちらも嬉しい誤算ですけどね!
キャラデザだけでなく、効果や挿入曲もめっちゃ凝ってて、内面描写がめちゃくちゃ上手い!
アニメの良さってこういうとこだなーて素直に感動しちゃいました!
いつも世界観に引き込まれちゃって、あー早く来週にならないかなーって思っちゃってます。
面白いアニメ見ると、つい原作で先に手を出したくなっちゃうんですけど、
アニメだから引き出せる良さが滲み出てる作品なんで、毎話毎話必死に我慢してます(泣)

物語としては、葛藤や決心、挫折といった、内面の描写が非常に多いため、
1話ごとの進展が少なくなってはしまうんですが、
それに見合っただけの魅力があると思うんで、是非色んな人に見てほしいですね!
演奏シーンも迫力あるので、作品としてのパンチ力もばっちりです!

アニメというよりは、一つのアートを見てるような気持ちにさせられる作品でした。
なんというか、作品全体が透明感をまとってる感じというんですかね。
キャラが抱く重たい不安や葛藤を、柔らかい線のタッチとパステルカラーのトーンで軽さを持たせ、
名曲を織り交ぜた数々の演奏で華やかに彩るっていう具合に...
だいぶクサい言い回しでしたね(笑) でも、本当に制作会社あっぱれって感じです!
変なレビューを書いてしまいましたが、アニメはすっごくいいものなので、是非ご視聴を!!
11 人が参考になったと言っています。
2014年11月30日 15:44
いなりさんのレビュー
暴力シーンがギャグ?
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
ヒロインが主人公に対して暴力を振るうシーンが多すぎ。
それも理不尽なものが多く主人公もただひたすらやられているだけ。
マゾなのか?
別にどつき漫才みたいなノリを否定するわけではないが
あれは理不尽な暴力のたぐい。
ギャグのつもりなのか?
見ていて全く笑えないし、ただ不愉快になるだけ。

まあ、これはほんの一例でこんな空気がこのアニメの中に漂っている。
色んな意味で暴力的なヒロインが主人公を引っ掻き回してどや顔しながら語りだしそれがあたかも大正義として話が流れていく。
そして、いったんしらけてしまうとキャラクターの自分語りが気持ち悪くて仕方がなくなる。
まあ、ある意味、厨二病的なノリと割り切ればいいのだろうけどね。

かなり気持ち悪くなるアニメ。
2 人が参考になったと言っています。
2014年11月26日 02:29
hachitarouさんのレビュー
痺れました
評価
視聴した範囲:15話 違反報告
四話まで視聴しました
原作は少女漫画と思いきや少年漫画なんですねビックリしました
自分コテコテノ恋愛作品が苦手なので全体的に少女漫画が原作の作品は得意ではありません、てか嫌いです
この作品は恋愛主体というよりは、恋愛と音楽を一つのきっかけとした一人の人間の成長を描く作品であり、自分のような人間でも大変楽しく見ることができています
映像美と主人公のもがきや苦悩、このコントラストいいですね痺れました
この勢いで頑張ってもらいたく思います
最後に一つだけ気に入らない点があるのですが、声優の種田さんはやはり黒髪のキャラクターのイメージが強く金髪キャラは特に違和感があります、まぁ慣れなんでしょうけど、、、今後も期待します
4 人が参考になったと言っています。
2014年11月08日 10:57
まさ@響Pさんのレビュー
これはヤバイ…
評価
視聴した範囲:4話 違反報告
面白さはもちろんの事、笑いあり感動ありで凄くきにいっているアニメです。 実は最初はあまり見る気がなかったのですが、勧められて見てみるとキャラデザも完璧でそれに話は最高、op、edどちらもとても素敵な曲でドはまりしました。 今後の展開が楽しみでたまりません!w

あまりアニメに興味がない人でも、とてもたのしめる作品だと思うので是非見てみてほしいです!
7 人が参考になったと言っています。
2014年11月06日 23:22
kenjiroさんのレビュー
Good!
評価
視聴した範囲:4話 違反報告
サイコパスの前に何気なく見てたのですが、すっかりドはまりしています。
原作も読んでみましたが、アニメ版はそれを完全に凌駕していると思います
マンガでは当然伝えられない音楽を盛り込み、しかもそれが凄くキレイ!癒されますねw
テンポもいい間を取っていて、見やすいです。今の所非の打ち所がないですよ!
OPとEDもよくて、もう毎週楽しみで仕方ないです。
是非見てほしいです
2 人が参考になったと言っています。
2014年11月05日 19:52
gasumasukuさんのレビュー
音と光のアニメです。3話必見!
評価
視聴した範囲:3話 違反報告
心地いいOPが印象的なアニメです。
ストーリーに関してはまだ何とも言えませんが、なかなか面白くなっていきそうな気もします。
話の進み方もスムーズなので、良い感じです。

私は全く音楽が分かりませんので、音楽についてのコメントはひかえます。

3話 素晴らしい!
久しぶりにあんなすっきりとした演出が見られてうれしいです!
いやあ、まだ3話だよ?取っておかなくてよかったのかい?
これは、面白い!
2 人が参考になったと言っています。
2014年10月30日 21:42
  • 2017年09月20日 17:51
  • 2017年09月11日 03:34
  • 2017年09月10日 23:21
  • 2017年03月31日 17:54
    視聴した範囲:全話
  • 2016年08月07日 18:33
    視聴した範囲:全話
  • 2016年06月26日 13:26
    視聴した範囲:全話
  • 2016年05月20日 09:20
    視聴した範囲:10話
  • 2016年04月29日 16:19
  • 2016年04月29日 01:52
    視聴した範囲:全話
  • 2016年03月21日 22:34
    視聴した範囲:全話
  • 2015年12月21日 13:56
  • 2015年09月23日 23:01
    視聴した範囲:全話
  • 2015年09月19日 18:27
    視聴した範囲:全話
  • 2015年08月22日 03:43
    視聴した範囲:全話
  • 2015年07月30日 20:32
    視聴した範囲:全話
  • 2015年07月19日 00:20
  • 2015年07月09日 23:07
    視聴した範囲:全話
  • 2015年07月05日 21:00
    視聴した範囲:全話
  • 2015年06月26日 12:13
  • 2015年05月04日 22:10
    視聴した範囲:全話
  • 2015年04月22日 20:35
    視聴した範囲:全話
  • 2015年04月14日 22:06
  • 2015年04月13日 15:17
    視聴した範囲:全話
  • 2015年04月12日 21:03
  • 2015年04月10日 15:26
  • 2015年04月04日 16:58
    視聴した範囲:全話
  • 2015年04月04日 16:16
    視聴した範囲:22話
  • 2015年04月03日 00:18
    視聴した範囲:全話
  • 2015年03月23日 13:05
    視聴した範囲:全話
  • 2015年03月21日 23:47
    視聴した範囲:全話
  • 2015年03月21日 19:40
  • 2015年03月20日 15:43
    視聴した範囲:全話
  • 2015年03月20日 15:29
    視聴した範囲:全話
  • 2015年03月20日 11:05
    視聴した範囲:1話
  • 2015年03月20日 08:22
    視聴した範囲:ぜんぶ
  • 2015年03月13日 01:00
    視聴した範囲:22話
  • 2015年02月14日 21:58
    視聴した範囲:17話
  • 2015年02月07日 16:53
    視聴した範囲:10話
  • 2015年02月04日 13:33
  • 2015年01月04日 05:48
  • 2014年12月19日 01:38
    視聴した範囲:11話
  • 2014年11月25日 17:33
    視聴した範囲:7話
  • 2014年11月21日 00:34
    視聴した範囲:5話
  • 2014年11月07日 20:40
  • 2014年11月07日 12:16
  • 2014年11月02日 21:47
    視聴した範囲:4話
  • 2014年11月02日 18:11
  • 2014年11月02日 04:13
    視聴した範囲:10話
  • 2014年10月29日 03:01
  • 2014年10月23日 14:58
    視聴した範囲:4話
  • 2014年10月16日 16:08
    視聴した範囲:1話
  • 2014年10月10日 21:19
    視聴した範囲:全話

運営していくにあたって

アニメ動画 検索

アニメ動画ランキング

リンク集

逆アクセスランキング

無料 アニメ動画 速報 高画質 HD MAD OP ED オープニング エンディング あにぽ おすすめ まとめ オタク おたく ヲタク SNS 映画 Youtube ニコニコ動画 おすすめ 新番組 amazon 楽天 グッズ wiki 保存 評価 レビュー 感想 視聴率 新作 人気 理由 anime game manga Vreel Daum Veoh MEGAVIDEO Youku Pandora Dailymotion acfun 56.com Tudou 新浪 Ku6 B9