アニポ

今日の2chネタ


この世界の片隅に みんなの評価レビュー

評価平均 4.34 点 : 評価数 4
評価レビューを見る
2016年映画アニメ - 未放送


takatoさんのレビュー
戦争でも人は生きる,90点
評価
明るい作品である。戦時中の話と聞けば、とにかく暗い悲劇を連想せざるをえない。しかし、本作は実に明るく楽しい。世界の片隅のちっぽけな場所、人々の物語なのだが、実に丁寧に巧みに描かれているからそれらが愛おしくてたまらなくなる。
 たくさんネタバレしない程度で本作がいかに明るいか一例を挙げると、憲兵に主役のすずさんがいびられるという展開がある。当然、他の作品だったら辛く嫌な場面として描かれるだろう。しかし、本作では憲兵が帰った後にこんなとぼけた娘がスパイとは、トンデモナイ想像力だわい!とみんなで大笑いする場面なのだ。貧しい食事の場面も、様々に工夫を凝らして実に愉快なのだ。
 勿論、戦時中だから辛い展開もある。しかし、本作ではそれでも生きていくという希望に繋がっていき、ラストには小さな救いへと結実する。劇的に盛り上げるよりしっとりと薄味でここまで見事な味わいに仕上げる技量は半端ではない。間違いなくアニメ史に残る傑作。原作ラストのカラーの使い方にも感涙。
2 人が参考になったと言っています。
2017年07月18日 01:37
kumanokoさんのレビュー
"生きる" を ”継ぐ”
評価
私はこの作品が大好きだ。初めて映画館で観た日、そう噛みしめるように感じた。

戦時中を題材にした物語の多くは、当時の悲惨さ・残酷さといった剥き出しの感情で溢れ、見るものに戦争の恐ろしさを植え付ける。より惨烈に、より衝撃的に。

しかし、本作の焦点は戦争そのものではない。
その時代を生きる "人"、あるいは、生そのものにも近しい、人々の "営み" だ。
ゆえに作品からは、苦しさよりも生きようとする力、人としての温かさを一層強く感じた。

苦しさは人の目を遠ざけ、戦時を冷たく、より表層的に受け継がせる。しかし、どんな時代にも、どんな悲劇の裏にも、懸命に、強く生きようと人知れずに戦った人がいる。原作者・こうの史代さんの祖母と同じように、私の祖父母もそんな時代を生きた一人だった。
戦争の重さなんて大きなことを抱えきるのは難しいかもしれない。しかし、そこに確かに生きた人、大好きな誰かの生きた証を、次の世代の大切な誰かに語り継げるとしたら、それは本当に幸せで尊いことだと思う。

儲かる儲からないの話ではなく、本当に価値あるものにはお金が集まるという証明だろうか。クラウドファンディングによって映画化へと結びつけてくれたすべての方々に、心から感謝したい。
当時の資料や戦争体験者からの話を元に再現された街並みや習慣の描写は、非常に細やかで、その時代に触れるというだけでも、一度見る価値のある映画だろうと思う。
2 人が参考になったと言っています。
2017年02月17日 04:19
ころりんさんのレビュー
素直に感動して正解
評価
視聴した範囲:全話 違反報告
「皆さん気を使って どの評判を見ても 
ネタバレしないように気を付けています。」っていう人がいますが
 そんなにたいそうなネタはありません(あったとしても誰も言わないでしょう)
素直に笑って 素直に感動するって映画だと思います。
 みんなが笑って過ごせるように努力すれば 本当に幸せになれる。
 最初は努力だったとしても 自然になる 普通になる。
 どんな状況になっても自分の居場所はなくならないよ。
 居場所がなくなる心配は いらないよ。


 あの当時の生活を 丁寧に再現しているところも 必見ですかね。

{
3 人が参考になったと言っています。
2017年02月16日 08:32
  • 2017年07月19日 11:50
    視聴した範囲:全話

運営していくにあたって

アニメ動画 検索

アニメ動画ランキング

リンク集

逆アクセスランキング

無料 アニメ動画 速報 高画質 HD MAD OP ED オープニング エンディング あにぽ おすすめ まとめ オタク おたく ヲタク SNS 映画 Youtube ニコニコ動画 おすすめ 新番組 amazon 楽天 グッズ wiki 保存 評価 レビュー 感想 視聴率 新作 人気 理由 anime game manga Vreel Daum Veoh MEGAVIDEO Youku Pandora Dailymotion acfun 56.com Tudou 新浪 Ku6 B9